妻が認知症になってしまい、私が誰であるかすらわかりません。私には、親しくしている女性がいるので妻とは離婚したいのですが、可能ですか。

民法770条1項4号の「回復の見込みがない」とは、夫婦の相互に協力する義務を果たせる程度まで症状が回復する可能性がないことをいいます。裁判例では、不完全ながら単純な家庭生活を営める可能性はあるが、これでは不十分であり、「回復の見込みがない」と判断された事例があります。他方、通常の会話ができず、夫が誰であるかわからなかったとしても「回復の見込みがない」というには疑問が残るとしたものもあります。
もっとも、仮に、「回復の見込みがない」と認められた場合であっても、裁判所が一切の事情を考慮して、婚姻を継続することが相当であると認めた場合には、裁判所は離婚請求を棄却することができます(民法770条2項)。そして、770条1項4号については、離婚後の精神病者の生活費、療養費等の具体的な経済的保障や養護施設等の精神病者の保護の引受先があるかどうかが重要な事情として考慮されます。反対に、「回復の見込みがない」とは認められなかったとしても、770条1項5号の婚姻を継続しがたい重大事由があると認められれば、離婚が認められる場合があります。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで