夫が同性愛者でした。離婚できますか?

夫が男性と性交渉を行っているというだけでは離婚できないとの考え方が主流です。もっとも、同性愛が原因で婚姻関係が破綻していると言えれば、離婚できます。
【同性愛は不貞行為にあたるか】
相手の意思に反してでも離婚を求めることができる事情(離婚原因)の一つとして、不貞行為があり(民法770条1項1号)、これは「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」を言います(最高裁昭和48年11月15日判決)。
そして、ここにいう「性的関係」は、従来の判例や学説では、その中核は「姦通」であって男女間の行為が念頭にあると考えられており、そのため、同性間の性的な行為では「不貞行為」には当たらないとの考え方が主流であると言われています。
ただし、同性間の性行為が不貞行為に当たらないとまで判断した裁判例は見当たりません。同性愛や夫婦の貞操義務に対する社会のとらえ方の変化に伴い、不貞行為に対する考え方も変わるかもしれません。
【婚姻関係破綻】
仮に不貞行為に当たらないとしても、離婚原因の一つである「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」(民法770条1項5号)にあたる可能性があります。
例えば、夫が同性愛のために妻との性交渉に長期間応じない事例で、妻からの離婚請求が認められた例があります(名古屋地裁昭和47年2月29日判決)。
もっとも、夫婦の性交渉自体は行われているとか、夫は性交渉に協力的だが妻が夫の同性愛行為に嫌悪感を抱いたことが理由で性交渉を拒絶しているといった場合に、妻からの離婚請求が認められるかどうかは微妙です。こうした場合には、同性愛が、夫婦の性生活以外の側面にも悪影響を与えているといえるような事情を主張していくことも考えられます。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで