妻に「あなたに愛情を感じなくなった」と言われて協議離婚に応じたのですが、その後、妻が婚姻中に浮気をしていたことが分かりました。離婚を取り消したり、財産分与をやり直したりはできますか?

離婚取り消しや財産分与のやり直しは難しいですが、慰謝料を請求できます。
詐欺によって協議離婚をした者は、詐欺に気付いてから3か月以内であれば、その婚姻の取消しを家庭裁判所に請求することができます(民法764条、747条)。
もっとも、Qの程度の言動では、詐欺にあたるとまでは言えないと裁判所に判断される可能性が考えられ、離婚自体を取り消すのは難しいと思われます。
また、不貞が原因で離婚する場合では、慰謝料的要素を財産分与で考慮することもあるものの、財産分与は基本的に夫婦の共有する財産を清算するものです。Qの場合は協議離婚のときには不貞を前提とせずに財産分与をしたと考えられますが、これは財産分与として問題が無いといえます。
そこで、不貞行為による精神的損害について、元妻や浮気相手に対し、慰謝料請求(不法行為に基づく損害賠償請求)を行うことが考えられます。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで