夫の暴力に耐えかねて、家を飛び出してしまいましたが、夫婦の同居義務を放棄したとして、離婚裁判上不利にはたらくことはありますか?

民法770条1項2号は、「悪意の遺棄」を離婚原因としており、ここにいう遺棄とは、752条に規定されている同居義務・扶助義務・協力義務に違反する一切の行為を指します。もっとも、単身赴任の場合や、夫婦間で現状を見直すために合意の上での別居する場合など、正当な理由に基づく別居は同居義務違反にはなりません。また、仮に遺棄にあたるとしても、「悪意の」遺棄に限定されており、正当な理由なく同居義務等に違反する場合にのみ、離婚原因になると考えられています。したがって、生活費を渡してくれないため実家に戻らざるを得ない場合や、不貞行為や暴行等によって、同居するのに耐えられなくなったような場合には、悪意の遺棄にはあたりません。したがって、本件のように正当な理由のある別居であれば、離婚裁判上不利にはたらくということはありません。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで