1回の不貞行為を理由に、離婚をすることができますか?

最高裁判所の判例によれば、不貞行為とは、「配偶者ある者が、自由な意思にもとづいて、配偶者以外の者と性的関係を結ぶこと」とされており、一般的には姦通があれば不貞行為と解されています。そして、それが1回限りであっても不貞行為であることから、離婚原因になるように条文上は読めます(民法770条1項1号)。しかし、実務では、婚姻関係が破綻していることも要件と考えており、不貞行為についても継続的な性的関係があって初めて婚姻関係が破綻しているといえることから、慰謝料請求をすることは可能だとしても、1回限りの不貞行為を理由に離婚請求が認められるためには、その他婚姻関係が破綻していることを基礎づける事情も必要であるのが通常でしょう。なお、不貞行為の相手は、売春等であってもかまいません。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで