住宅ローンが残っている土地や建物はどのように財産分与したらいいのですか?

まず、住宅ローンなどのいわゆる借金の部類も、夫婦の共同生活のためにしたものなら財産分与の対象となります(但し、夫がギャンブルなどの遊興費による個人的な借金を作っていた、というような場合には財産分与の対象とはなりません)。
そうすると、住宅ローン部分も、土地・建物部分も両方とも財産分与の対象となります。よって、分け方としては、不動産の時価がローン残高を上回る場合、当該不動産を売却してローンを完済し、その残高を分け合う方法や、一方がローンを負担しつつ不動産を所有するようにして、当該不動産の査定化学からローン残高を引いた額の2分の1をもう一方に支払うといった方法が考えられます。
逆に不動産の時価の方がローン残高より低い場合には、実質的に見て資産価値はありませんので、ローンの名義人でない方の配偶者は、これについて財産分与を求めないというのも一つの方法です。また、ローンの名義人の夫が払い続け、家には妻が住み、他の財産で調整するという方法もあります。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで