私は子供の成人を機に夫と離婚することになりました。その際、財産分与も話し合いによりすることにしたのですが、その方法がわからないので教えてください。

まず、財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に協力して形成した財産を、離婚に際して分与することをいいます。夫婦共有名義の財産は当然に対象になりますが、夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、共有と推定されます。単独名義の財産でも、実質的に夫婦が協力して形成した財産ならば、財産分与の対象となります。また、第三者名義のものでも夫婦が婚姻中に協力して形成した財産と認められるならば、分与する金額の算定の基礎にはすることができます(これは、たとえば夫経営の個人事業の会社を、妻が長期間無給で手伝ったような場合に、会社財産を財産分与額の算定の基礎とするような場合です。)。これに対し、夫婦の一方が婚姻前から所有する財産や、婚姻期間中でも相続などにより単独名義で取得の財産は、原則として対象にはなりません。
このようにして財産分与の対象となる財産を特定したら、基本的には2分の1ずつに分けます(他の割合にすることも可能です)。分けられないもの、分けたくないものについては、片方が取得してその半分の価格をもう一方に渡すか、売却してその対価を2分の1ずつ受け取るか、いずれかの方法になると思われます。共働きの夫婦はもちろんのこと、専業主婦をしていた妻に対しても2分の1の財産分与を認めるべきという考えが現在は強いようです(以前は3~4割とされることが多かったようです)。
ちなみに、財産分与で認められる額は、婚姻期間が長いほど高額になる傾向にあります。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで