協議により、財産分与や養育費の支払いについて合意ができました。ただ、将来、それらの支払いがされなくなるのではないかと心配です。今からなにか対策をしておくことはできませんか?

取り決めた内容を強制執行認諾約款付公正証書にしておくという方法があります。そうすれば、将来、相手方が支払を怠るようになった場合に、相手方の財産に対して強制執行をすることが可能となります。なお、相手方が公正証書の作成に応じない場合には、当事者間で合意書や確約書といった形で書面を作成しておくのがよいでしょう。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで