夫の退職金を財産分与として請求することはできますか

退職金は、賃金の後払的性格が強いため、夫婦が婚姻中に協力して形成した財産といえます。しかし、将来受け取る退職金額には不確定な要素も多いことから、退職金が給付されることが将来確実である場合には、財産分与の対象として認められるケースもあるようです。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで