性格の不一致、価値観の相違を理由とした離婚は認められますか。

性格の不一致や価値観の相違は、多かれ少なかれ夫婦に存在し得るものですので、これだけで直ちに離婚訴訟における離婚原因とは認められません。
しかし、性格の不一致等が原因で長期間別居する等して、婚姻関係が修復不可能な程度にまで破綻している場合には、離婚が認められることもあり得ます。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで