夫が5年間も性的関係を拒絶し続けます。このような生活は耐えられず,私は離婚したいと考えていますが、可能ですか。

夫婦の間には性交渉請求権があるとされつつも、個人には性的自己決定権があるため、望まない性交渉は拒否することができます。もっとも、理由もなく一方的に長期間にわたり性交渉を拒絶し続けることは、通常の夫婦の性交渉のあり方から逸脱するものといえます。このような場合には、民法770条1項5号の婚姻を継続しがたい重大事由があると判断されて、離婚が認められることがあります。
過去に、性交渉の拒否により離婚が認められた裁判例は以下のとおりです。
・妻が男性に対して性的嫌悪感を抱いており、性交渉を拒否し続けた事案
・夫が結婚後数か月で同性愛に陥り、数年間性交渉を拒否し続けた事例
・夫がポルノ雑誌等により自慰行為にふけり、入籍後2、3回性交渉に応じない事例

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで