離婚調停

家庭裁判所における調停手続において離婚する手続です。
離婚を求める側が、相手方の住所地を管轄する家庭裁判所に調停を申し立て、調停手続において双方の主張を調整していくことによって、双方が離婚に合意すれば調停が成立し、直ちに離婚の効力が生じます。
なお、離婚調停を経ずに離婚訴訟を提起することはできません(調停前置主義)。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで