離婚原因

離婚訴訟において、離婚が認められるための要件であり、離婚を請求する原告側で主張・立証する必要があります(民法770条1項各号)。
代表的な離婚原因としては、不貞行為(1号)や婚姻を継続し難い重大事由(5号)があります。

当事務所では、弁護士が毎日のように離婚問題および男女問題の相談に向き合っております。離婚でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

法律相談のメールでのご予約は24時間受付

お問い合わせはフリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944 まで